早起きを楽しくするちょっとしたコツ

hayaoki.jpg

スポンサーリンク

あなたは早起き、得意ですか?

朝何時に起きたら早起きなんでしょうね…なんて疑問はさておき、わたしはここ2ヶ月ほど毎日4時半に起きています。

起きるときにつらいなあと感じることはほぼありません。

むしろ起きるのが楽しみでしかたないです。

今回はわたしが早起きを楽しめるようになった2つのコツについてお話ししたいと思います。

一番やりたいことを朝にやる

以前ライフエンジンで『キラキラ輝く毎日をお送るための、たったひとつのシンプルな方法』という記事を書きました。

早起きが楽しくなった一番の理由はやっぱりこれです。

自分が一番やりたいと思っていることを朝一番にやると、それだけでその日一日楽しい気分でいられます。

そして朝目が覚めたとき、「よし、やりたいことやるぞ!」とウキウキした気分で布団から出られるのです。

これはかなり強力なコツですよ。

Twitterで「おはよう」とつぶやく

これはちょうど早起きを始めようと思ったときに、はまさんから教えていただきました。

Twitterにはたくさんの人がいるので、中にはもちろん早起きの人もいます。

「おはよう」とつぶやき始めると、同じ時間帯に起きている人と自然と挨拶を交わすようになり、そこから会話が始まることもしばしば。

ちょっとしたことかもしれませんが、早起き仲間がいるというのは思っている以上に嬉しいものです。

「もっと仲良くなりたいけど話しかける勇気が出ない…」という相手でも、挨拶なら自分から話しかけやすいですよ。

こうした一言の積み重ねこそ、オンラインの繋がりを深めてくれるのではないかと思います。

もし周りに早起きな人がいないという方は、どうぞ気軽にわたしに「おはよう」と投げかけてください。

よっぽどのことがない限り、4時半には起きています。

profile_miyatore_300

まとめ

早起きをするためのコツについては良い記事がたくさんあります。

でもどのコツがあなたに効くかはあなたにしかわかりません。

たまたまわたしに効いたのが、今回紹介した2つのコツでした。

ぜひいろいろ試してみて、あなたに効くコツを探してみてくださいね。

参考:朝活を始めたい人へ!4時起きを定着させる12のコツ

参考:私が半年で朝型人間になった早起きのコツ | jMatsuzaki

参考:早起きを習慣化させるための13のチェックリスト | jMatsuzaki

参考:早起きの常識を覆したら、毎朝5時に起きられるようになったお話-Six Apart ブログ|オウンドメディア運営者のための実践的情報とコミュニティ

参考:早起きの方法12選!冬でも朝スッキリ目覚める!

おまけ

冒頭に書いた「朝何時に起きたら早起きなんだろう」という疑問について、気になったので新明解で調べてみました。

早起き・・・朝早く起きること

…うん、辞書で調べたわたしが馬鹿だった。

と思ったら、同じようなこと考えてるひといた。

参考:早寝早起きの時間って決まってるの?本当にいいのは何時? | 大人の歩き方

日の出の時間、一理ある。

スポンサーリンク

hayaoki.jpg

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!