続・あなたはきっと輝く

kikyuu

スポンサーリンク

昨日、こんな記事を書きました。

あなたはきっと輝く

2016.02.04

その後、心屋仁之助さんのブログで読んだある記事が「この話に通ずるところがある!」と感じたので、今日はそれをご紹介したいと思います。

ただ、動かされるままに…

そう、
あなたは

情熱という

消えることのない炎を内に秘めた
熱気球なのです。

何もしなくても
その想いだけで
天高く舞い上がり
幸せの種をまく人なのです。

 

そして、それは
何かを成し遂げるとか
誰かの役に立つとか
志、とかでもなく

 

ただ、自分の好きなこと
ただ、自分のやりたいこと
ただ、突き動かされることに

動かされるままに
しているだけでいいと思うのです。

 

もっともっと高く
もっともっと高く。

 

心屋仁之助オフィシャルブログ心が風になる
■見せかけの謙虚、みせかけの感謝より

「好き」「やりたい」に正直に生きる

心屋さんはよく、人を「気球」に例えます。

あなたは、頑張らなくても気球のようにフワーッと高いところへ行ける。

ただ、罪悪感という名の重りが、それを邪魔しているだけ。

「ああしたら怒られるかも」

「こうしたら嫌われるかも」

そんな重りをひとつずつ外していくことで、あなたはもっともっと高く舞い上がれる、と。

 

昨日の話も、本質的なところはこれと同じだと思うんです。

何かを成し遂げる、あるいは誰かの役に立つために生きるのではなく、あなたが「好き」と感じたこと、「やりたい」と感じたことにただ正直に生きるだけで、あなたはきっと輝く。

輝こうとして頑張る必要なんて、ないんです。

こちらの記事もいかがですか?

あなたはきっと輝く

2016.02.04

今ここにあるもの

2016.01.30

自分の好きなことを見つける簡単な方法

2016.01.13

「楽しい」は、時に理屈を超える

2016.01.22

スポンサーリンク

kikyuu

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!