心屋仁之助さんの前者後者論の面白さがやっとわかった!〜わたしやっぱり後者でした〜

kermit-383373_1920

スポンサーリンク

昨日、ブロガーの長山竜さん、よっしーさん、ノリハナさんと4人で心屋仁之助さんの前者後者論について3時間に渡りあーでもないこーでもないと語り合いました。

今まで心屋さんの前者後者論の面白さが理解しきれていなかったのですが、昨日の対話を通してやっとその面白さに気付けた気がするので今回はそのことについてつらつら綴ろうと思います。長いよ(笑)

前者後者ってなんぞや

これを簡単に説明できるなら誰も苦労しませんw

心屋仁之助さんや関連する認定カウンセラーの方のブログを読んでいらっしゃる方なら「あー、その話ね」とわかってもらえると思うのですが、そもそもこの前者後者論は心屋仁之助さんが昨年11月頃にご自身のブログでこんな記事を書かれたのがすべての始まりでした。

 

■【永久保存版】大人になりたくてなれなかったひと、大人になりたくてなれてしまったひと|心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」Powered by Ameba

 

世の中には
子供でいられなかった大人と
大人になり切れなかった子供のような大人がいる。

前者は、悪意の大人
後者は、天然の子供

(中略)

前者は、ほんとうは、後者でいたかった(頭では思ってない
後者は、前者になりたかった、ちゃんとできるようになりたかった

前者が、後者になること、後者であることを受け入れ
後者は、後者であることを受け入れたとき

二人は統合されていくのだと思うのです。

 

その上で、
前者は前者らしく
後者は後者らしく
生きていけばいいのです。

 

さて、あなたは、
前者? 後者? どっちで生きてきたのだろう。

 

この頃を境に、「わたしは前者」「わたしは後者」「わたしわからん」「こういうことじゃね?」みたいな感じでブログの読者が議論をヒートアップさせ、瞬く間に心屋界隈に前者後者ブームが訪れました(笑)

心屋さん自身も2ヶ月近くブログで毎日のように前者後者の話をしたのち、以下の記事をもって先月末にこの話は一旦収束しています。

 

■【永久保存版】前者・後者、完結編|心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」Powered by Ameba

 

前者後者について語り合おうぜ

で、昨日Twitterでの何気ない会話から竜さん、よっしーさん、ノリハナさんと「前者後者について語り合おうぜ!」ってことになったんです。

前者後者論がわからないなりに語ってみたら、それが面白いのなんのって!自分の中ではぷちぱっかーんの連続でした。

とりあえず覚えてる範囲でぷちぱっかーんしたことを書き出しておきます。

わたしがぱっかーんしたのは「後者認定」されたからだった

自分は前者後者どっちか?自分以外のメンバーは前者後者どっちか?という話を繰り広げたわけですが、みんな前者の要素も後者の要素もどちらもありそうという結論に至る中、わたしは竜さんから「あなたは間違いなく後者だ」と後者認定されましたw

心屋さんのブログを読んで「もしかしたら前者の要素もあるのかも?」と思っていたわたしの考えは見事に玉砕(笑)

でも、竜さんにそう言われて改めて気付きました。

昨年わたしは竜さんと2人でお話しして人生最大のぱっかーんを経験したのですが、ぱっかーんしたのは竜さんに後者認定されたからだったんだなと!

その頃はまだ前者後者の話はなかったのですが、わたしがぱっかーんしたきっかけは竜さんの「あなたはもう全部うまくいってる人だよね」と言われたことです。

今思えばそれって「あなたは後者ですよ」と教えてもらったことに他なりません。

竜さんは何気なく言ったであろうその一言が、わたしにとってはずっと探していた心のパズルの最後の1ピースだった。その1ピースがピタッとはまった瞬間、それまで悩んでいたことの全てが腑に落ちました。

「あ、わたし後者なんだ!」と気付いたことでめちゃくちゃ心が軽くなり、このままでいいんだ、後者でいいんだなーって思えたんです。

前者後者を語る意味って、ここにあるんじゃないかな。自分が前者か後者かがわかれば、生きるのがすごく楽になるんですよ、きっと。

前者は後者の、後者は前者の言葉が理解できない

昨日すごい面白いなと思ったのが、もしかしたら前者かもしれないノリハナさんの話に対してたぶん後者の竜さん、よっしーさん、完全後者のわたしが揃って首をかしげる場面があったこと(笑)

みんなノリハナさんの言ってることは理解できるけど、腑には落ちていないというか。

で逆に(?)、わたしと竜さんはお互いの言うことに「そうそうそう!」と納得する場面が多かった。

そのときふと心屋さんの「前者は後者の、後者は前者の考えがわからない」という話を思い出し、「あー、なるほどな、こういうことか!」と納得しました。

 

前者の説明や、前者から繰り広げられる様々なたとえ話が
理解出来ないひとを「後者」というのだ。

ベースが違うのです、言語が違うのです、
思考回路が違う「人種」の違いなのです。

(中略)

逆に、後者の思考がわからない人種を前者というのです。
それは「しかたのないこと」なのです。
理解できないのです。

■【永久保存版】前者・後者、完結編より

 

たぶんわたしは竜さんとベースが、言語がすごい近いんじゃないかなあ。だって初めて会ったときも初めて会ったとは思えないくらい意気投合したものw

「なんか知らんけど」できちゃうことが才能なんだよ

自分では全然頑張ったつもりがなくてもできちゃうことって、たぶん誰しもあるんです。

なんか知らんけどできるから、それをやっててもすごいともなんとも思わない。むしろ「もっと頑張らないといけないのでは」という焦りのような気持ちが生まれたりする。

でも、力を抜いても自然と当たり前のようにできてしまうことが、イコールその人の才能なんじゃないかなと思いました。

あなたにとって当たり前にできてることが、わたしにとっては当たり前じゃないんですよ。

計画的に行動する、全体を俯瞰する、人の気持ちを察する、コツコツ真面目に努力する。空気を読む。

これが自然とできてる人もいるけど、わたしはどれもできません。だからこそ、これができる人って本当にすごいな〜と思うんです。

あなたが当たり前に思ってるそれ、才能ですよ?

できないことはできないという諦めもときには必要だ

自己啓発書をある程度の冊数読んでいると、「自分次第でなんでもできるようになる」って思えてくるところがあると思うんですよね。「限界を決めてるのは自分自身だ!」的な(笑)

でもやっぱり人によってできることとできないことはあると思うんです。

できないことはできないと諦める勇気が、ときには必要なんじゃないでしょうか。

わたしは、前者にはなれないんだよ。というかならなくていい。前者の人は、後者にはなれないんだよ。そしてやっぱりならなくていい。

まとめ 〜前者後者論で悩んでるひとへ〜

昨日の対話を通して、個人的には大分すっきりしました。勝手にぷちぱっかーんしまくってたからそれが楽しいのなんのって。やっぱりひとと話すってめちゃくちゃ面白いですね!

対話を終えた今思うのは、わたしやっぱり幸せだわってこと。もうそれ以外ないです。あー、幸せだー!

最後にそんなわたしから前者後者論で悩んでる方へメッセージ。

今はきっと悩んでてモヤモヤしてるでしょうが、こうなったらとことんモヤモヤしてください。モヤモヤするってことは、関心があるってことです。ならとことんその気持ちに向き合うといい。

安心してください。あなたに必要なタイミングで、わかる日が必ず来ます。

すっきりしたいなら、とにかく心屋仁之助さんや関連する認定カウンセラーの方のブログを読み漁ってみてください。そして可能なら前者後者の話を知っている人とたくさん対話をしてみてください。

いろんな人の説明に、言葉に触れることが重要です。

だって、どの言葉が響くかは、誰にもわからないから。響いて初めて、「わたしに必要なのはこの言葉だったのか!」ということがわかるんです。

あなたの心のパズルの最後の1ピースをはめられるのは、あなたしかいないのだ!

こちらの記事もいかがですか?

心屋仁之助さんの前者後者談義再び!〜後者バンザーイ!〜

2016.03.06

仮面ライダーからショッカーになる10の方法

2015.12.31

心の底からうっかりあふれ出た「ありがとう」の言葉

2015.12.19

スポンサーリンク