第54回文房具朝食会@名古屋『奥野さん、五藤さんと名古屋で遊ぼう!』に参加しました!

160322_bunbogu10

スポンサーリンク

2016年3月20日、第54回文房具朝食会@名古屋『奥野さん、五藤さんと名古屋で遊ぼう!』に参加しました。

奥野さんと五藤さんから出版にまつわる裏話を聞いたり、参加者のみなさんから最近のオススメグッズを教えてもらったり、万年筆にときめいたり、名古屋を堪能したりと楽しいことが盛りだくさんな1日だったのでその内容をレポートしたいと思います!

文房具朝食会@名古屋とは?

愛知の文具王こと猪口文啓さん(以下フミヒロさん)が主催されている会です。

Facebookページの説明を一部引用しておきますね。

「休日の朝の時間を有効活用したい!」
「文房具が好き!」
「他の人のペンケースの中やノートの中を見てみたい!」

みんなで集まって、モーニングを食べながら文房具話で
盛り上がりませんか?

文房具のよさを語り合いながら、情報交換することで
日々の仕事で持つ文房具にも愛着がわくし、
仕事も一層、楽しくなりますよ~ (*^^*)

文房具詳しくないけど…大丈夫?って声も聞きます

⇒そういう方こそ参加してくださいね。
文房具はほとんどの方の日常にあふれているもの
自分のお気に入りのアイテムと一緒に過ごせば
仕事も日々の生活も楽しくなること間違いなし!

主催のフミヒロさんとは名古屋ライフハック研究会で何度かお会いしていて、文房具朝食会にも参加してみたいな〜とずっと機会を狙っていました。

奥野さんと五藤さんにもお会いしてみたいと思っていたので、「これは行くしかない!」と思い参加を決意。いやはや参加して正解でしたよ。めっちゃ楽しかったから!

160322_bunbogu10

▲文房具朝食会@名古屋デザインのチロルチョコもいただいちゃいました♪食べるのもったいない!

まずは味仙でランチ

当日は名古屋駅で集合し、まずみんなで味仙へ!味仙と言えば、台湾ラーメンです。

台湾ラーメンは以前食べたことがありましたが、味仙で食べるのは初めて。食べた感想を一言で表すと……辛い。とにかく辛い!!辛すぎやろって言うくらい辛い!!!

辛いのは好きですが、もうちょっとマイルドでもいいのではないでしょうか…。むせながらラーメンを楽しみましたw

大須観音でくじ引き

激辛台湾ラーメンで一汗かいた後は、大須観音へ。

160322_bunbogu1

▲想像してたより立派!(失礼)

参加者のお一人がくじを引かれていたので、便乗してわたしも引いてみました。

結果は…

160322_bunbogu14

▲なんと大吉!

160322_bunbogu15

▲しかし下にはあんまり良いこと書かれてない…。病気「意外におもく長引きますが心配ありません」ってw

160322_bunbogu2

▲大須観音から見える大須仁王門通への案内が斬新。

PEN−LAND CAFEで楽しくトーク!

大須観音を満喫した後は、いよいよトーク会場となるPEN−LAND CAFE(ペンランドカフェ)へ!

160322_bunbogu3

▲大須仁王門通を通りました。雰囲気があって楽しいです。

160322_bunbogu4 160322_bunbogu5

▲入り口はよくあるカフェっぽいのですが…

160322_bunbogu7

▲入ってみるとあ〜らびっくり、万年筆が所狭しと並んでいます!テンション上がる!スゲースゲー!

160322_bunbogu6

▲カフェ部分にある装飾品もステキです。

万年筆は後のお楽しみということで、まずはお楽しみのトークタイム!

参加者みんなで奥野さんと五藤さんの出版にまつわるエピソードを聞きました。

奥野宣之さんのお話

情報は1冊のノートにまとめなさい」の著者として有名な奥野宣之さん。

今回は新刊「図書館『超』活用術 最高の『知的空間』で、本物の思考力を身につける」の出版にまつわるエピソードを教えてもらいました。

図書館に関する本ということで、「書店が嫌がるのでは」と出版社から懸念され企画書を通すところから大変だったそうです。最近の本は「読んですぐスキルが身に付く」ことが求められるようで、執筆も苦労なさったとか。そら無茶振りですわな…。

他にもたくさん楽しいお話を聞かせてもらいましたよ。むふふ。

160322_bunbogu11

▲ちゃっかりサインもいただきました!奥野さんの日付タグ付き!!

▲奥野さんの新刊、超オススメでございます。

書評記事も書いております。

【書評】図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける

2016.03.21

奥野さんの出版にまつわるエピソードもさることながら、奥野さんファンとしては他の人の話を聞いているときの奥野さんの行動も気になっちゃいました。

カフェの紙ナプキンにメモを取られたり、サッとA4のクリップボードを取り出してスラスラメモを書かれたり…。それらを全て小さなチャックパックにまとめられていて、なるほどそうされているのかと勉強になりました。

五藤隆介さんのお話

お次は、五藤隆介さん(以下ごりゅごさん)から、「たった一度の人生を記録しなさい 自分を整理・再発見するライフログ入門」と「チューブ生姜適量ではなくて1cmがいい人の理系の料理」の出版にまつわるエピソードを教えてもらいました。

理系の料理の方は、理系感を出すのが大変だったそうです。初っ端の料理工程フローチャートであったりその後の文章であったり、理系っぽさを感じさせる部分が多々あって面白いなぁと思っていましたが、やはりそこで苦労されていたんですね〜。

ライフログ入門の方は、執筆中に震災があったためそれに合わせて内容も少し修正されたそう。タイトルからもそんな感じがしますよね。

さらに面白いのが、ごりゅごさんは編集さんとやりとりされる際にもEvernoteでやりとりをされていたとか!さすがごりゅごさん。

実際にEvernoteのノートも一部見せていただきましたよ。むふふ。

160322_bunbogu12

▲やっぱりちゃっかりサインもいただきました!

▲こちらもオススメ本でございます。理系じゃなくても楽しめますが、理系だともっと楽しめますw

オススメグッズ発表会

奥野さんとごりゅごさんのお話を聞いた後は、フミヒロさんの思いつき?でオススメグッズの発表会に。最初は文房具で、という話でしたが、文房具以外でも気になるグッズがたくさんありました。

わたしが一番気になったのは、ごりゅごさんがTシャツの首元に付けられていたライフログ用のウェアラブルカメラ『Narrative Clip(ナラティブ クリップ)』。

▲これ、なんと30秒に1回自動で写真撮影してくれるんだとか!

ブレていたりよくわからないものを撮っていたりとほとんどは使えないけど、たまにすごく良い写真が撮れてるんだそうです。あと、旅先で活躍するとか。偶然が生み出す写真、面白そう〜!

参考:30秒に1回自動で写真撮影 ライフログカメラNarrative Clipを使ってみた | ごりゅご.com

参考:【究極のライフログ】胸元につける『Narrative Clip』~プロブロガー五藤さんに学んだ面白い記録技~ – 「文房具ビズ@本と文房具とスグレモノ」

ごりゅごさんは他にも野田琺瑯のご飯鍋もオススメされていました。

▲これで炊いたご飯がめちゃくちゃ美味しいんだそうです。今の炊飯器買う前に知りたかった…。

他には以下のようなものが話題にのぼりました。

文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説

▲本体価格3兆円のところ、約99.99999995%オフの1500円で買えるそうです(笑)

▲名刺をサッと取り出しやすい名刺入れ。差し込む箇所も2箇所あるので、渡す用と貰う用で分けられるのも良いですね。

▲ムンクっぽいフリクションスタンプ。これちょっと欲しいw

フミヒロさんがオススメ文房具として紹介されていたのは以下の2つ!

▲紙をはさんでとじることができるクリップ。油性ペンで文字を書いても消せるのが個人的にそそられます。

参考:【クリップで分類しよう】Demi-Clip(デミクリップ)~インデックスとファイルが同時に出来る文房具!~ – 「文房具ビズ@本と文房具とスグレモノ」

【文房具甘口批評】『デザイン・スリム・ペンケース』~3本入れるのが限界です!一体何が出来るのか?~ – 「文房具ビズ@本と文房具とスグレモノ」

▲もうひとつの方はAmazonや楽天では売ってなさそうなので、フミヒロさんのブログ記事へのリンクを貼っておきます。

3本しか入らない、とってもおしゃれなペンケース。本当のお気に入りしか入りませんね!

万年筆にうっとり

トーク後には、みんなで万年筆コーナーを楽しみました。

店長さんがヴィンテージものの万年筆で文字を書いてくださる場面も!

160322_bunbogu13

▲な…なんてなめらかなんだ…。100年ものの万年筆だそうです!すごすぎ!

名古屋駅周辺をぶらり

最後に時間のあるメンバーだけで、名古屋駅周辺をぶらっとしました。

3月9日に新生オープンした大名古屋ビルヂングに行ったり、ミッドランドスクエアの41階で景色を楽しんだり。

160322_bunbogu9 160322_bunbogu8

▲展望台は有料だから行きませんでしたが、41階でも十分楽しめました。

まとめ

いろいろ書きましたが、一言でまとめると「超楽しかった」です!

ゲストの奥野さん、ごりゅごさん、主催のフミヒロさん、参加者のみなさん、楽しい時間をありがとうございました〜!!

こちらの記事もいかがですか?

【書評】図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける

2016.03.21

超快適!0.3mmのシャー芯は「ぺんてる STEIN(シュタイン)」がイイ感じ!

2016.02.18

スポンサーリンク

160322_bunbogu10

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!