【書評】このあと どうしちゃおう〜死んだらどうなりたい?〜

160512_eye

スポンサーリンク

りんごかもしれない」「ぼくのニセモノをつくるには」などの絵本で知られるヨシタケシンスケさんの新作絵本、「このあと どうしちゃおう」。

ニュースサイト「ダ・ヴィンチニュース」で紹介されていて気になり購入したのですが、子どもはもちろん大人も楽しめるとても良い絵本だったのでここでも紹介したいと思います。

このあと どうしちゃおう?

あらすじ

おじいちゃんが死んだあと、主人公の「ぼく」はおじいちゃんのベッドの下から「このあと どうしちゃおう」と書かれたノートを見つけます。

そのノートには、「うまれかわったらなりたいもの」や「こんなおはかをつくってほしい」などおじいちゃんの絵と文字で自分が将来死んだらどうなりたいか、どうしてほしいかが書いてありました。

それを読んだ「ぼく」がおじいちゃんに想いを馳せながら死んだあとのことについて考えてみるというお話です。

こんな風に書くととても真面目な内容のように思えますが、実際の絵本はユーモアたっぷりに描かれています。

例えば、「てんごくにいくときのかっこう」でのおじいちゃんのかっこうは「遠足にでも行くつもりかw」とツッコミたくなりますし、「いじわるなアイツはきっとこんなじごくにいく」で描かれているのは「まいにちじゅうなんたいそう」や「どこでもギュウギュウ」など「わかるわーw」と共感したくなるような地味に嫌なことばかり。

他にも思わずクスッと笑ってしまうようなポイントが盛り沢山です。

おじいちゃんは、どう思ってた?

「ぼく」は、そんなおじいちゃんのノートをワクワクしながら読みました。でも、ふと疑問に思うのです。

(補足:おじいちゃんは死ぬのが)

こわかったのかな?

たのしみだったのかな?

それとも、りょうほうだったのかしら。

でもそれは、おじいちゃんが死んでしまった今となっては決して知ることができません。「ぼく」はおじいちゃんとそのことについてもっと話したかったと感じます。

あなたにも、そんな経験はないでしょうか?

大切な人がいなくなってから、「ああしていれば」「もっとこうしたかった」という想いがムクムクと湧き上がるものです。

生きているうちはついつい「いつか」と思ってしまいますが、いなくなってしまったあとでは遅い。当たり前なことではありますが、そんな大切なことに気付かされました。

死んだあとのことを考えようとすると…

そして「ぼく」は、自分でも「このあと どうしちゃおう」ノートを作ろうと思い立ちます。しかし、何を書こうか考えていると、あることに気付きました。

でも じぶんが

しんじゃったあとのことを かんがえようとすると

いま いきているうちに

やりたいことが いっぱい あることに きがついた。

「死んだあとのこと」について考えるということは、「生きているいまのこと」を考えるということと表裏一体なんですよね。

作家・ひすいこたろうさんの「あした死ぬかもよ?」という本は、まさにそのようなことを訴えた作品です。ひすいさんの本もとても素晴らしいのですが、真面目な内容なのでちょっと真剣になりすぎてしまう部分もあります。

それに対して「このあと どうしちゃおう」では死後の世界をとてもポップに楽しく表現しています。死ぬことについて考えることをもっと気軽にしてくれる絵本で、だからこそこの絵本を読んだわたしたちももっと自由な発想ができると思うのです。

「こうなったら面白いよね」「こんなことしちゃおう」と気軽に死んだあとのことを考えることで、「じゃあ生きてる間は?」と考えたときにも「こうしちゃおう」っていう遊び心のある考えが生まれやすいんじゃないかなって。

SPECIAL BOOKLETもついてるよ

絵本には、作者のヨシタケシンスケさんへのインタビューと「そのあと こうしちゃう」という描き下ろし4コママンガが収録されたSPECIAL BOOKLETがついてきます。

ペラっとした冊子ではありますが、インタビューではヨシタケシンスケさんがこの絵本を描いたきっかけを知ることができますし、4コママンガはクスッと笑えてほのぼのした気持ちになれます。めっちゃオススメ。

ヨシタケシンスケさんの他の作品

ヨシタケシンスケさんは、他にも何冊か絵本を出版されています。絵本のコーナーでよく平積みになっていますので、見かけたことのある方も多いでしょう。

このあと どうしちゃおう」はブロンズ新社で出版されている発想絵本の第3弾で、ラインナップとしては第1弾が「りんごかもしれない」、第2弾が「ぼくのニセモノをつくるには」となっています。

また、ヨシタケシンスケさんはイラストエッセイやスケッチ集も出版されています。以下の作品はわたしも読んだことがあるのですが、どちらもヨシタケシンスケさんの素敵なセンスがぎゅっと詰まった1冊なのでオススメです。

「しかもフタが無い」とか、タイトルが秀逸ですよねぇ…。気になるものがあれば、ぜひ一度読んでみてください。ハマります。

まとめ

「人間はいつか死ぬ」ということはみんなわかってはいるものの、元気なうちはそのことを忘れてしまうものです。テーマがテーマだけに、ついつい考えるのを避けてしまっている部分もあるでしょう。

でも、あまり重々しく捉えすぎず、この絵本のようにもっとフランクに考えてみても良いのかもしれません。

160512_mm

こちらの記事もいかがですか?

【書評】図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける

2016.03.21

[書評] 自分の運命に楯を突け 〜自分のスジをつらぬき今を生きろ!〜

2016.02.24

スポンサーリンク

160512_eye

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!