Points of You(R)の1on1セッション100人チャレンジに挑戦します!

スポンサーリンク

最近、このブログで時おり登場するPoints of You®︎(以下POYと記載)。コウスケさんのコーチングセッションで使ってみてドハマりしてしまい、POY認定エバンジェリストになりました。

エバンジェリストとは日本語で「伝道者」という意味ですが、要はPOYとは何か?どうやって使うのか?といったことをわかりやすく伝えてPOYを世に広める人のことです。

で、「エバンジェリストとしてPOYを広めるためにどんな活動をしよう?」といろいろ考えた結果、POYの1on1セッション100人チャレンジに挑戦することにしました!

Points of You®︎とは?

チャレンジについて説明する前に、POYとは何かについて簡単に説明したいと思います。

Points of You®︎というのは、イスラエルで開発されたカードツールのことです。カードには右脳を刺激するような美しい写真が使用されていて、このツールを使うことで直感力や想像力、発想力が高まり質の高いコミュニケーションを生み出すことができます。

POYは2006年の販売開始以来、世界にも急速に広まって現在では19言語に翻訳され154カ国に普及しています。ツールの自由度が非常に高いため、コーチング・カウンセリング・セラピー等のセッションや大学での就職支援、企業でのチームビルディングや人事研修など使用されるシーンは様々。もちろん、個人で使うこともできます。

2016年7月現在で提供されているツールとしては、「コーチングゲーム」と「パンクタム」というものがあります。(Points of You®︎というのは、これらのツールの総称のようなものです。)

英語ではありますが、ツールの雰囲気がなんとなくわかる動画がありますのでリンクを貼っておきます。


▲コーチングゲーム


▲パンクタム

わたしがパンクタムを使用したコーチングセッションを受けたときの感想記事はこちら。

コウスケさんのコーチングで(たぶん)今年最大の気付きがあった話

2016.06.09

Points of You®︎の1on1セッション100人チャレンジとは?

とまぁPOYについて簡単に説明してみましたが、百聞は一見にしかず。文字で説明するより、まず体験してもらわないことには何も始まりません。

そこで、POYをより多くの人に知ってもらい、またわたし自身がPOYに対する理解を深めるためにも1on1セッション100人チャレンジに挑戦してみようと決めました。

このチャレンジは文字通り、POYを使用した1on1セッションを100人の方に提供するというものです。

チャレンジに懸ける想い

わたしがこの100人チャレンジに挑戦するのは、POYを通してあなたに以下の3つのことを体験してもらう機会を作りたいと考えたからです。

感じたことをそのまま言葉にし、予想していなかった考えに出会う

POYでは、写真を見て感じたことをそのまま言葉にしてもらいます。そこには、正しい・正しくないといった基準は何もありません。

右脳を使ってイメージを元に思考を発散させ、最終的には左脳を使って言葉で収束させていく。このプロセスを通して、自分でも予想していなかった考えに出会います。

自分の持っている視点や新しい視点に気付く

Points of Youというのは造語で、Points of View(視点)というフレーズの掛け言葉になっています。そこには、「個人がそれぞれ持っている視点、Points of Viewを理解し、大切にしましょう」という想いが込められているのです。

POYを使ってわたしと対話することで今のあなたが持っている視点や新しい視点に気付く。あなた自身に対する理解を深めることは、他者に対する理解を深めることにも繋がります。

答えは自分の中にあると知る

1on1セッションではあなたが何かひとつ課題を決め、POYを使ってわたしと対話しながらその課題について深掘りしていきます。その際、わたしが何かを教えることはありません。対等な立場で、あなたと対話します。

一回のセッションで課題に対する明確な答えが出なかったとしても、何かしらの糸口は得られるはずです。そして、答えはあなたの中にあると知るでしょう。それがわかれば、きっと前に進めるはずです。

ルール

・セッションは対面、もしくはビデオチャットで実施します。

※正直なところ、ビデオチャットだけではPoints of You®︎の魅力は伝えきれないと思っています。でも、遠方の方にもまずは興味を持っていただきたいのでビデオチャットにも挑戦してみます!

・セッションの時間は60分

・セッション代は、対面ならカフェでのお茶代+カフェまでの往復の交通費(お望みとあらば京都府外にも喜んで馳せ参じます)。ビデオチャットならAmazonのほしい物リストからわたしに何かプレゼントしてください。

申し込み方法

上記の内容をご理解頂いた上で問い合わせページ、もしくはSNSのDM・メッセージからPOYの1on1セッションを希望される旨ご連絡ください。

その際、ご連絡頂きたい内容は以下の3点です。

  • セッションの実施方法(対面かビデオチャットか)
  • セッションの候補日時(いくつか)
  • セッションの実施場所(対面希望の場合のみ)

ご希望に添えない場合もありますが、ご了承ください。

まとめ

ここまで記事を書いてきましたが、正直なところめちゃくちゃドキドキしてます。泣きそうです。

それでも「100人チャレンジ」に挑戦してみようと思ったのは、こんな素敵なブログ記事を読んだからです。

【募集終了】100人コーチングにチャレンジ!コーチングに出会いませんか? – テレイドスコープ

新企画!100人コンサルティングプロジェクトを開始します。 | モンハコ

まだまだ発展途上ではありますが、今のわたしにできることをすべて、ひとつひとつのセッションにぶつけていきたいと思っています。こわい、けど、やる!

こんなわたしを、応援してもらえませんか?

こちらの記事もいかがですか?

コウスケさんのコーチングで(たぶん)今年最大の気付きがあった話

2016.06.09

スポンサーリンク

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!