ぱっかーん奮闘記15:こぼれ落ちた涙

160722_eye

スポンサーリンク

この連載について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。(過去記事へのリンクもあります)

新連載「ぱっかーん奮闘記」はじめます!

2015.11.30

ぱっかーん奮闘記15:こぼれ落ちた涙

4回目のBeトレ〜やるか?やらないか?〜

3回目のBeトレでノリハナさんが手を挙げて質問されている姿を見て「今回はオープンカウンセリングの時間に手を挙げて質問する!」と決意して臨んだ4回目のBeトレ。

前説や心屋さんのお話を聞きながらも、頭の片隅ではオープンカウンセリングのことを考えてドキドキしていました。心屋さんと話してみたい。でもやっぱり、大勢の人の前で話すのも恥ずかしい。

いろいろな葛藤を繰り返しているうちにBeトレの講義部分が終わり、いよいよオープンカウンセリングの時を迎えました。

「さぁ、どうする!?」

わたしは、心の中で自分自身に問いかけます。やるか?やらないか?自分自身の問いに答えを出す前に、心屋さんは言いました。

「質問あるひとーっ!」

わたしの答えと逃げ

その言葉を聞いた瞬間、

わたしが出した答えは

「やる」

でした。

いま手を挙げなければ、きっと後悔する。

そう、感じたから。

すると偶然にも、わたしの隣に座っていた男性も手を挙げていました。

それを見て、「2人のどっちかにしよう」と言う心屋さん。手を挙げながらもどこかで「選ばないでくれ」と願っていたわたしは、気が付けば隣の方に「どうぞ」と言っていました。

だって、わたしより勢い良く手を挙げていたから。わたしより心屋さんを必要としていそうだったから。これでいいんだ、これで…。

選ばれなくてホッとして、自分を正当化する理由を挙げ連ねながら、最後の最後に勇気を出せなかった自分にがっかりもしました。

 はじまりはいつも突然に

京都のBeトレ会場は大きく3つのブロックに分かれていて、心屋さんはいつも1つのブロックにつき1人の質問に答えるスタイルをとっていました。だから、隣の方との問答が終われば、心屋さんは隣のブロックに移動する。

そう思っていたところに、心屋さんからこんな言葉が飛び出しました。

「隣の人に、マイク渡してくれる?」

 

まさか

 

そんな

 

嘘でしょう?

全く予想していなかった流れで、わたしと心屋さんとの問答が始まりました。

見透かされる心

戸惑いながら、わたしは、父の話をしました。

わたしは、子供の頃からずっと、父のことが嫌いでした。ずっと、父のことを避けてきました。「外ヅラばかり良くて家族に見向きもしない人だ」と思っていたから。2年くらい、会ってもいませんでした。

でも、その頃のわたしには「父に会ってみようかな」という気持ちが芽生えつつもありました。ずっと衝突を避けてきた母に自分の気持ちを伝えたことで、母との関係性が変わったからだと思います。

心屋さんの言う「損する」「バンジーする」という意味では父に会ったほうが良い気もするし、でも「好きなことをして生きていく」という意味では会わずに今の生活を続けても良い気がする。

そんな迷いを、心屋さんに伝えてみました。

そんなわたしに心屋さんは一言。

「どっちでもええな」

ですよねー!正直わたしも、話しながら「どっちでもええな」って思ってました(笑)

その話をしたのは、一応本当に悩んでいたのが半分、心屋さんと話したくてひねり出したのが半分というところでした。そこまで真剣に悩んでなかったことが、たぶん一瞬でバレた。

あなたの主語は…

「どっちでもええな」と言いつつも、その後心屋さんはわたしに質問をしてくれました。心屋さんがどう質問したか、そしてわたしがどう答えたのか、正直なところもう正確には覚えていません。

でも、その後のことは今でも鮮明に覚えています。質問に対するわたしの回答を途中で遮った心屋さんは、わたしに向かってこう言いました。

「僕は『あなた』がどう思ったか質問してるのに、あなたの答えは主語が『わたし』じゃないよね。『あなた』の話なのに、『あなた』が全く出てこない。」

その言葉を聞いて、気付いたら涙がこぼれ落ちていました。どういう感情だったのか、その瞬間も今もよくわかりません。たぶん、理屈じゃないんです。ただダムが決壊したかのように、泣きました。

 「わたし」を主語に生きるということ

泣くだけ泣いたらすっきりしたので、わたしは心屋さんに「もういいです。」と言いました。そして少しだけ会話をした後、心屋さんはわたしに最後の質問を投げかけます。

「あなたはいま、幸せなの?」と。

わたしはこう答えました。

「幸せです。超幸せです。」

心屋さんと、会場にいた人たちに爆笑されました(笑)「そういうの、なんていうか知ってる?って言うねんで!」と、暇人認定もされました(笑)

笑いあり涙ありのBeトレで、頑張らずに生きること、好きなことだけして生きることは、きっと「わたし」を主語に生きるということなんだと学んだのでした。

To Be Continued …

続きを読む

更新までいましばらくお待ちください

前回の記事を読む

ぱっかーん奮闘記14:失敗する勇気

2016.05.13

スポンサーリンク