オリボン社の消しゴムはんこ教室 in ABCクラフト枚方店 体験レポート

スポンサーリンク

本日、2016年7月27日、オリボン社ぼらさんがABCクラフト枚方店で開催されている消しゴムはんこ教室に参加してきました。

参考:オリボン社のけしごむはんこ

ぼらさんの細やかな心配りが感じられる素晴らしい内容でしたので、早速その様子をレポートしたいと思います!

オリボン社の消しゴムはんこ教室情報

開催場所

ABCクラフト枚方店

※ABCクラフトあべのキューズモール店でも同じ内容のはんこ教室を開催されています。

開催日時

奇数月第4水曜日

※あべのキューズモール店は奇数月第2水曜日

ビギナー教室(初心者向け)

11:00〜13:00

レギュラー教室(慣れてる人向け)

14:00〜16:00

参加費

受講料

1,800円+税

材料費

600円+税

※あべのキューズモール店はビギナー教室が500円+税、レギュラー教室が400円+税

定員

6名まで(大人のみ)

申し込み方法

ぼらさん公式サイトのメールフォームから申し込めます。

上記は2016年7月27日時点での情報です。最新情報につきましては、ABCクラフト公式サイトの講習会ページ(枚方店はこちら、あべのキューズモール店はこちら)をご参照ください。

体験レポート

ABCクラフトで開催されているぼらさんの消しゴムはんこ教室は、午前が初心者向けのビギナー教室、午後が慣れている人向けのレギュラー教室となっています。

先日参加したワークショップがとても楽しかったので、午前と午後の両方に参加することにしました!

ぼらさんにメールで教室に参加したい旨を事前に連絡し、教室開催前にABCクラフト枚方店5階のレジで予約名を伝えて支払いを済ませ講習テーブルへ。

▲開始時間より少し早めに到着。机の上にはかわいいものが並んでます…!

▲A4サイズのかわいいためしおし用紙。下のところに、なんとミニスタンプラリーが!

▲めっちゃ小さくてかわいいはんこが用意されていて、教室が始まるまでの間これで遊んでました。

▲遊び心満載なのがステキ!

ちなみにはんこ教室では通常ほるナビ(はがきサイズ)の半分が配られるのですが、わたしは午前・午後通しで参加するためひとつ丸々頂きました。使用したのは、ほるナビのぼらさんコラボバージョン

▲その他必要な道具一式も貸していただきました〜。

▲ビギナー教室では右側のウサギとにんじんを、レギュラー教室では左のハワイの女の子を彫ります。

ビギナー教室

イニシャルはんこを彫ろう!

まず最初はカッターを使うのに慣れるところからはじめよう!ということで、簡単なイニシャルはんこを彫ることに。

▲彫るのはみやの「M」(お約束)

▲消しゴムに図案を転写して、カッターでザクっと切り出します。

▲ぼらさんに注意されていたにも関わらず、斜めに切り出してしまいました(笑)

▲気を取り直してデザインカッターで彫り彫りし、ペタッと試し捺し。

▲「M」の周りに、シャーペンでぷすぷす穴を開けてみました。簡単にできるアレンジですね!

このワークを通して、デザインカッターでV字の溝を作る感覚が簡単にわかるところがいいですね〜。

ウサギとにんじんを彫ろう!

イニシャルはんこを彫った後は、いよいよメインのウサギとにんじんはんこを彫ります。

▲まずは図案をトレーシングペーパーに写します。

▲消しゴムに図案を転写後、にんじんを彫ってる様子。

▲余分な消しゴムを切り落として、完成!2色のスタンプパッドを使って試し捺し。にんじんだ!

▲お次はウサギさん。鼻と口をデザインカッターで彫って、目は爪楊枝でぷすぷすします。

▲外周を彫り終えたところ。

▲余分な消しゴムを切り落として、完成!ピンクのスタンプパッドで試し捺し!ウサギさんかわいい!かわいいよ!

ミニ絵本を作ろう!

ビギナー教室では、作ったはんこを使ってミニ絵本も作ります。使用したのは、ミニチュアブックキット・バニラのM。

▲サンプルからしてかわいい。

▲自分で作ったはんこ以外に、ぼらさんが作ったはんこも使わせてもらえます。

▲はんこの裏に、捺す向きを示す矢印がついてる!(にも関わらず上下逆さまに捺してしまったのはヒミツ。)

▲ぼらさんの見本を参考にしつつ、絵本の中身を作成します。

▲裏表紙にイニシャルはんこも使ってみた。

絵本の中身となる紙は上下でビビビっと切り離し、ジャバラ状に折りたたんで両面テープでくっつけます。さらに、背表紙にあたる部分にもテープを貼ります。この辺は写真を撮り忘れました。

で、ちゃんとした絵本状にすべく厚紙を貼るのですが、この仕組みがよく出来てる。

▲切れ込みの入ったこんな形状の厚紙シートがキットの中に入っているので、左、真ん中、右の四角いブロックのシールを剥がして表紙用に作った紙を貼り付けます。

▲四角いブロックはポコッと外れるようになっているので、周りの枠はここでおさらば。

今度は四角いブロックの外周部分だけシールを剥がし、台形部分の紙を折り曲げて貼り付けるのですが、ここでポイントが。

▲上下か左右のどちらかをセットで貼り付けた後、角のところを爪でグッと押し込みます。

▲こんな感じになる。

こうするだけで、仕上がりが大きく変わってくるそうです。

▲確かに、綺麗にできた!

後はファイル上に折り曲げて、絵本っぽさを出すために背表紙と表紙・裏表紙の境目にしっかりと溝を作ります。で、最後は左右の四角いブロックのシールを剥がし、絵本の中身を貼り付けます…が、ここでもポイントが!

いきなりベタッと貼り付けると、高確率で失敗するそうです。シールを剥がした後はフワッと中身を挟み、「ここだ!」という位置に持ってきてからグッと貼り付ければうまくいくそう。

▲ぼらさんのご指導のおかげで、きれいにできました。

▲ちゃんと絵本になってる〜♪

▲絵本を作り終えた時点でまだ少し時間が余っていたので、足跡はんこもサクッと作っちゃいました。

▲ビギナー教室で作ったはんこたち!

レギュラー教室

ハワイの女の子はんこを彫ろう!

午後からのレギュラー教室では、ハワイの女の子はんこを彫りました。

▲ぼらさんが作ったサンプルはんこ。かわいいなぁ。

▲ビギナー教室とは違い、図案を写すのも一苦労です。でも図案大事だからね!ここは丁寧に作業します。

▲消しゴムに図案を転写。

横5cm × 縦8cmくらいの大きなはんこなので、持ち彫り派のわたしは彫るのも少々苦労しました。午後参加していたのはわたしひとりだけだったので、ぼらさんとはんこあるある話なんかをしつつ集中して彫り彫り。

▲試し捺しした結果がこちら!足の間を彫り忘れてたので、修正しました。

レギュラー教室では、はんこでフレーム作品も作ります。ぼらさんから細やかなアドバイスをいただきながら女の子に綿棒でポンポン色付けして、背景にはぼらさんが作った葉っぱのはんこを捺しました。

▲完成品がこちら。

かわいくないですか?(ドヤァ)

やっぱ図案大事やで…。

▲作ったはんこを入れる紙袋もやっぱりかわいかったです!

まとめ

いやぁ、はんこ教室、めっちゃ満喫してきましたわ。

ぼらさんいわく、枚方店の教室の方が人が少なめなのでいろいろと融通が利きやすいそうです。午前中に午後の図案彫ったりとか、過去の図案彫ったりとか。(ただし絶対ではないので、必ず事前に問い合わせてみてくださいね!)

ちなみに枚方店で次回のはんこ教室が開催されるのは9/28(水)です。

▲ビギナー教室で作れるのはコブタとお肉で、

▲レギュラー教室で作れるのは下の列真ん中のイギリスの女の子です。

コブタとお肉彫りたい…(笑)

こちらの記事もいかがですか?

オリボン社ぼらさんの消しゴムはんこワークショップ体験レポート

2016.07.23

【開催告知】ねこの重ね捺しはんこを作って遊ぼう! in 栄 を開催します

2016.07.01

スポンサーリンク

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!