Nexus5の画面が割れたので分解して液晶を交換してみた話

nexus_eye

スポンサーリンク

先日、メインで使っているスマホのNexus5をうっかり地面に落として画面がバキバキに割れてしまいました。

保守サービスには入っていたのですが、友人から交換用の液晶を譲ってもらえることになったので思い切って自分で交換してみることに。

そこで今回は、Nexus5を分解して液晶を交換する方法をまとめておきたいと思います。バッテリーを交換したい方にも参考になるはず。

分解作業はメーカー保証の対象外となるなど、リスクのある非推奨作業です。

ご自身で実施される場合は自己責任でお願いします。

液晶の交換に至った経緯

そう、あれは9月22日のことでした。

駅に向かって歩いている途中でスマホを取り出そうとしたらうっかり手を滑らせ、勢い良く地面に落としてしまったのです。

スマホは見事にワンバウンドしたので「あっ、これはやばい」と思って拾い上げてみたところ、案の定画面がバキバキに割れていました。

nexus1

▲割れた直後の写真

保護シートだけは貼っていたので破片が飛び散るような惨事は避けられましたが、時間が経つごとに保護シートも浮き上がり、下の基盤らしきものが見えるようになりました。

nexus2

▲右下に基盤らしき黄色い部分が…

nexus3

▲保護シートではもはや保護しきれない

nexus4

▲操作には問題ないものの、画面全体にもうっすらヒビが入ってます

nexus5

▲右上もちょっと割れてる…

スマホの契約内容を確認してみたところ、Y!mobileの「故障安心パック-S」に加入していたことが判明。

そこでさらに調べてみたところ、『故障安心パック-Sで液晶が割れたnexus5を修理した話』という記事を見つけました。

この記事によると、どうやら2,000円くらいで修理できる可能性があるようです。それなら安い。

でも正直Y!mobileショップに行くのは面倒くさいし修理できるまで時間も掛かります。できれば端末は初期化したくないし、慣れない代替機を使うのもやだなぁと思っていました。

するとある友人からNexus5用の交換液晶を譲ってもいいという連絡が。万が一のときはサブのiPhone5Sの端末だってあるし、何より面白そうだから自分で液晶を交換することを決意したというわけです。

液晶の交換に必要なもの

交換用の液晶(必須)

言わずもがな、これがないと始まりません。

わたしはたまたま友人から譲ってもらえましたが、通常は購入する必要があります。

▲購入するならこういうフレーム付きのものがオススメ

純粋に液晶のみという商品もあるのですが、フレームから液晶だけ外すのは流石に素人では無理だろうと感じました。

Y型ドライバー(必須)

▲上部の基盤のカバーにY型ネジが使用されているので絶対必要

精密ドライバーセット(必須)

▲下部の基盤のカバーに小さなプラスネジが使用されているので、プラスドライバーが必要

100均のセットとかでも問題ないです。マイナスドライバーはパーツを外す時に使えます。

ケースオープナー(必須ではない)

▲わたしは別のもので代用したので必須ではありませんが…

実際に作業してみて必要性を感じました。あると絶対便利だと思います。

バッテリー(必須ではない)

▲もしバッテリーの持ちが悪くなっているのであれば、ついでに交換するのがオススメ

バッテリーを外すのが結構大変なので、わたしも交換しておけばよかったなと軽く後悔…。

わたしが使った道具はこんな感じ

nexus_tool

▲Y型ドライバー、精密ドライバー、ギターのピック

精密ドライバーに関しては、#1のプラスドライバーと1.2mm、2.0mmのマイナスドライバーを使いました。(写真にはマイナスドライバーが1本しか写ってません。)

液晶の交換手順

さて、いよいよ液晶の交換手順について説明していきたいと思います。

交換手順については、以下のような記事を参考にしました。

参考:Nexus 5のフロントパネル交換 – まちがいだらけ

参考:Nexus 5 Teardown – iFixit

参考:Nexus 5を分解してバッテリー交換してみた | TeraDas-テラダス

データのバックアップを取る

万が一のときのために、データのバックアップを取っておきましょう。

とは言ってもわたしの場合は写真データはGoogleフォトで、電話帳はGメールでバックアップを取っていたので、端末から消えて困るデータは特にありませんでした。

LINEの一部のやりとりだけバックアップを取ったくらいです。

もうちょっとちゃんとバックアップを取りたいよという方は、Nexusの『端末上のデータのバックアップまたは復元』という記事が参考になるのではないかと思います。

電源を切る

分解作業に入る前にきちんと電源を切っておきましょう。特にわたしのようなせっかち&うっかりさん、お気を付けて。

背面パネルを外す

ここからいよいよNexus5を分解していく作業に入ります。

背面パネルを外すにあたり、攻めやすそうな箇所を探してみました。

nexus6

▲このあたりは隙間がなさそう

nexus7

▲画面が割れている付近は、うっすら隙間がありそう

nexus8

▲あ、でもイヤホンジャックの穴がちょうど良さそう

というわけで、イヤホンジャックの穴から攻めていくことにしました。

nexus9

▲イヤホンジャックにピックを差し込み、てこの原理でクイッと背面パネルを持ち上げると…

nexus10

▲このように上部のツメが外れます

nexus11

▲同じ要領でぐるっとツメを外していくと…

nexus12

▲このようにパカっと背面パネルが外せます

nexus13

▲左が背面パネルを外した本体裏面、右が背面パネルの裏面

と、写真では簡単そうに見えますが実際にはこの作業にかなりの時間を費やしております。

最終的には半ば力任せに開けてしまったのですが、お陰で側面にあるツメの受け側をひとつ割ってしまいました。みなさまはどうかお気を付けください…。

上部の基盤の保護パネルを外す

次に、上部の基盤の保護パネルを外します。

nexus14-1

▲このようにY型ネジ6本でとまっているので

nexus15

▲Y型ドライバーでネジを外します

Y型ネジはなくさないように気をつけましょう。

nexus16

▲保護パネルの下側を持ち上げるとパカっと取れます

nexus17-1

▲本来基板側に付いてるはずの部品も付いてきちゃいましたが、特に問題はなかったです

上部の基盤に付いているコネクターを外す

nexus18-1

▲写真で印が付いているコネクター(2箇所)を外します

nexus18-2

▲それぞれ、矢印の方向から爪で持ち上げると外れます

nexus19.

▲コネクターを外した様子

nexus20

▲下部の基盤から伸びているコネクターは作業の邪魔になるので立ち上げておきます

バッテリーを外す

バッテリーを外す作業は少し大変です。

というのも、強力な粘着テープでとめられているから。

nexus21

▲バッテリーを傷つけないよう気を付けつつ、隙間にピックを差し込んだり

nexus22

▲マイナスドライバー(2.0mm)を差し込んだりしました

nexus23

▲上部が持ち上がってくると、手で外せるようになります。

焦らず慎重に、ゆっくりとバッテリーを外していきましょう。

nexus24

▲無事、バッテリーが外せました

バッテリーのみ交換される方は、ここで新しいバッテリーを付けて今までと逆の手順で元に戻せばOKです。

下部の基盤の保護パネルを外す

続いて、下部の基盤の保護パネルを外します。

nexus25-1

▲このように小さなプラスネジ4本でとまっているので

nexus26

▲精密プラスドライバー(#1)で外します

ドライバーの柄が細いと、ちょっと力が必要です。

プラスネジはなくさないように気をつけましょう。

nexus27

▲保護パネルの下側を持ち上げるとパカっと取れます

nexus28

▲保護パネルを外した様子

下部の基盤に付いているコネクターを外す

nexus29-1

▲写真で印を付けたコネクターを外します

nexus29-2

▲矢印の方向から爪で持ち上げると外れます

nexus30

▲コネクターを外した様子

下部の基盤(+ケーブル)を外す

次に、下部の基盤をごっそり取り外します。

上部と下部の基盤は2本のケーブルで繋がっているので、まずはこれを外す必要があります。

nexus33-2

▲上部の基盤の印を付けた部分を取り外します

ケーブルの側からクイッと持ち上げてやれば、簡単に外れます。

ちなみにこのとき写真を撮り忘れたので、バッテリーを外す前の写真を使ってます。

上部の基盤からケーブルを外したら下部の基盤に戻り、

nexus31

▲基盤の隙間にピックを挟みクイッと持ち上げると…

nexus32

▲このように基盤が外れます

ピックやケースオープナーを差し込むときは、下の方についている黒い部分も一緒に持ち上げましょう。

充電ケーブルの差込口の金具は少し奥に引っ込めて外します。

nexus33

▲右側の基盤は粘着テープか何かでくっついているので、マイナスドライバーで優しく取り外します

nexus34

▲これで、下部の基盤(+ケーブル)が外せました

上部の基盤を外す

さらに、上部の基盤をごっそり取り外します。

nexus35-1

▲まずは写真で印を付けたコネクター(2箇所)を、

nexus35-2

▲それぞれ矢印の方向から爪で持ち上げるようにして外します

nexus36

▲コネクターを外した様子

ちなみに今外したのはカメラ(インカメラ・アウトカメラの2つ)のコネクターです。

コネクターを外したら、

nexus37

▲基盤の隙間にピックを挟んで持ち上げると基盤がパカっと取れます

nexus38-1

▲基盤を外す時にアウトカメラのコネクターが引っかかるので注意しましょう

nexus39

▲これで大きなパーツは全部外せました

わたしの場合は友人から一通りパーツの揃った液晶をもらったので、これらのパーツを逆の手順で元に戻せばOKでした。

でも普通はカメラやスピーカーといったパーツも取り外す必要があると思うので、それらも外してみます。

細かいパーツを外す

nexus42

▲上部にあるカメラやスピーカーといった細かいパーツを取り外していきます。

ちなみにここからは1.2mmのマイナスドライバーを使用しました。

電源ボタン

nexus43

▲外側からマイナスドライバーでボタンを押し込むと外せます

nexus44

▲電源ボタンを外した様子

アウトカメラ

nexus45

▲コネクター側からマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げると外せます

nexus46

▲アウトカメラを外した様子

グレーのパーツ

nexus47

▲何のパーツかわかりませんが、右側からマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げると外せます

nexus48

▲グレーのパーツを外した様子

スピーカー

nexus49

▲右側からマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げると外せます

nexus50

▲スピーカーを外した様子

nexus51

▲スピーカーの下にある黒い部品も…

nexus52

▲左側からマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げると外せます

nexus53

▲スピーカーの下にあった黒いパーツを外した様子

イヤホンジャック

nexus54

▲イヤホンジャックの穴にマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げると外せます

nexus55

▲イヤホンジャックを外した様子

インカメラ

nexus56

▲インカメラの下部に黒いゴムのようなパーツがあり、下側からマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げると外せます

nexus57

▲黒いゴムのようなパーツを外した様子

nexus58

▲するとインカメラが外せるようになる

nexus59

▲上側からマイナスドライバーを突っ込んで持ち上げると外せます

nexus60

▲インカメラを外した様子

nexus61

▲ちなみにひっくり返すとこんな感じ

ボリュームボタン

nexus62

▲電源ボタンと同様に、外側からマイナスドライバーでボタンを押し込むと外せます

nexus63

▲ボリュームボタンを外した様子

nexus64

▲これで、細かいパーツも全て外せました

nexus65

▲空っぽになったパネル付きの液晶

パーツが外せたら、あとは今までと逆の手順で元に戻せばOKです。ただし、背面パネルを戻す前に次の動作確認をするのがオススメ。

というのも、例えば動作確認で「カメラが動かない!」というような事態になった際にまたパネルを外すのが面倒だからです。

動作確認

Nexusの電源を入れ、問題なく起動するか確認します。

アウトカメラ、インカメラ、ボリュームボタン、スピーカー、マイク等の動作に問題がないことが確認できたら、背面パネルを取り付けましょう。

ちなみにわたしは背面パネルを取り付けた後、バイブが動作しないことに気付きました。

ですが一旦パネルを外さずに全体をグッグッと押さえつけてみたところパチっと何かがハマる音がして、無事バイブも動作するようになりました。

なんということでしょう…

nexus41

▲あんなにバキバキだった画面が、元の傷ひとつないきれいな画面になったではありませんか…

まだ新しい保護シートを買っていないので、元々液晶についていたシートはあえて剥がしていません。

nexus40

▲ちなみに背面パネルを外す時にツメの受け口をひとつ割ってしまったので、このようにパネルが一部浮き上がってしまいました

でもまぁ使う分には問題ないので良しとします。

まとめ

みや
Nexusの分解は思っていたより簡単にできました。でもやっぱり手間はかかるので、買ってからあまり日が経っておらず保証にも入っていなくて手先の器用さに自信があるという方以外はあんまりオススメしません。

スポンサーリンク

nexus_eye

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!