マインドマップをかく過程を晒してみる

sugoitenuki_mm1

スポンサーリンク

このブログを読んでくださっている方は、記事の中で以下のような画像をちょいちょい目にされているかと思います。

sugoitenuki_mm2

ご存知の方も多いかと思いますが、これ、マインドマップといいます。「はて、マインドマップとは何ぞや?」という方のために、マインドマップの入門書に書かれている説明をご紹介しておきます。

英国の教育者トニー・ブザンが開発した自然な形で脳の力を引き出す思考技術。「記憶力」「理解力」「集中力」「創造的思考力」「問題解決力」などの、さまざまな能力を高めることができます。その用途は「学習全般」「読書ノート」「自己分析」「目標や計画の立案」「スケジュール管理」「レポートの作成」「物語の創作」など幅広く、”人生まるごと”扱うことができます。

トニー・ブザン「マインドマップ超入門」より引用

まあこれだけ読んでもなんのこっちゃですよね。ただわたしはマインドマップインストラクターでもなんでもないので、ここではこれ以上詳しい説明はしません。

詳しく知りたい方は、コウスケさんみたいなちゃんとしたインストラクターの方に聞いてください。ことマインドマップに関しては、本よりも人から教えてもらうことをお勧めしますよ。

さてこのマインドマップですが、わたしはもっぱら普段のメモとしてバリバリ利用しています。特に読書メモやセミナーメモは、もうマインドマップなしの頃には戻れないくらい重宝しています。

そして最近自分がかいたマインドマップをブログにアップしたり勉強会でお会いする人にお見せしたりする機会が増えてきたのですが、そのことに関して少し気になっていることがあります。

それは、わたしがかいたマインドマップを見た人に「マインドマップって難しそう」と感じさせてしまっているのではないかということです。

もしあなたが「そんなに絵をうまくかけないから無理…」「そんなにカラフルに見栄え良くかけないから無理…」と感じているなら、それは大きな誤解です!

わたしはイラストを描くのが好きなのでついつい凝ってしまいますし、ブログに載せることも意識しているため「人に見せる」ためのマインドマップをかいています。

しかし、マインドマップはあくまでツールであって、マインドマップを作ること自体が目的ではないのです。

そこで、このブログを読んでくださっている方に「マインドマップってもっと気軽にかけるものなんだよ」ということを伝えるために、わたしがマインドマップをかく過程の一部を晒してみようかなと思います。

今回は、冒頭でお見せした「すごい手抜き -今よりゆるくはたらいて、今より評価される30の仕事術-」の読書メモを取り上げます。

sugoitenuki_mm2

マインドマップをかくためのマインドマップをかく

毎回やってるわけではないのですが、マインドマップのメインブランチ(真ん中のイラストから伸びている太い枝)を何にするか迷ったときはマインドマップをかくための準備としてのマインドマップを作成します。

sugoitenuki_mm1

この後でマインドマップをもう1枚かくので、イラストも使わず、ペンも黒1色だけ。5分程度でかきあげました。

ざっとかき終わったら全体を俯瞰して共通するワードなどを色ペンでつなげ、メインブランチの構成を決定します。

セントラルイメージをかく

セントラルイメージとは、マインドマップの真ん中にあるイラストのことです。今回の例で言うとスーツを着たショッカーですね。

shocker2

セントラルイメージは自由に思いついたものをかけばいいのですが、「それが難しいんじゃん!」っていう人も多いと思います。そこで、わたしがこのショッカーをどうやってかいたかを順を追って説明します。

連想ゲームする

本全体をざっと見たイメージから心屋仁之助さんを連想し、さらにそこからショッカーを連想。(手抜きしてもイー!)

仕事術の本だから、ショッカーにスーツを着せようと思い立つ。

描きたいものの見本を探す

ショッカーがうろ覚えだったので、Googleにて「ショッカー イラスト」で画像検索

shocker

ついでにスーツも確認したくなり、Googleにて「スーツ イラスト」で画像検索

suit

検索結果のイラストを真似て、スーツを着たショッカーを描けばセントラルイメージが完成!

 

そう、実は何も見ずにささっとイラストをかいているわけではないんです。がっつりカンニングしながらかいてます。

というか自分のメモとしてのマインドマップであればもっと適当にかきますし、面倒なときや時間がないときは準備でかいたマインドマップのように文字だけで済ますことだってあります。

セントラルイメージは別にきれいなイラストでなくたっていいし、ちょっとでもきれいなイラストをかきたいのであれば他のイラストを真似たっていいんです。

まとめ

さて、今回は準備のためのマインドマップとセントラルイメージの話を取り上げてみましたが、いかがだったでしょうか。「あ、これでいいんだ」と少しでもマインドマップを身近に感じて頂けましたか?

「こういうとこどうしてるの?」とか「こういうことが知りたい!」とかもしあれば、お気軽にコメントください。答えられる範囲でお答えしますよ〜。

スポンサーリンク

sugoitenuki_mm1

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!