わたしが全身全霊でLTを勧める4つの理由

imadesyo

スポンサーリンク

あなたは LT ってご存知ですか?

et

…失礼しました。あっ、画面閉じないで!

LTとはライトニング・トーク(ス) の略で、短いプレゼンのことです。一般的に、5分であることが多いです。

ITやライフハック系の勉強会によく参加される方は、ご存知かもしれませんね。

今日はこのLTの魅力を全身全霊でお伝えしたいと思います。

わたしとLT

LTの魅力を語る前に、まず少しだけわたしの話をさせてください。

わたしは、人前で話すのが苦手で極力避けてきました。

人前に出ると、手足が震えるし、声も小さくなるし、顔が真っ赤になって早口になる。

今でも、人前に出るとそうなることに変わりはありません。でも、苦手ではなくなりました。

むしろ積極的に人前に出ることを選ぶようになったのです。今では、初めて参加する勉強会でも申し込み時に迷うことなく「LT希望」の欄にチェックを入れるほど。

わたしがそんな風に変われたのは、LTに出会ったからでした。そして、LTをやればやるほど人前で話すことの魅力に気付くのです。

そんなわたしだからこそ、あなたにLTの良さを伝えたいと思い今この記事を書いています。

わたしが全身全霊でLTを勧める4つの理由

さあ、前置きが少し長くなってしまいましたね。それではいよいよLTの魅力をご紹介します。

1. 事前準備が楽

1時間しゃべれって言われたら発表資料を作るだけでも一苦労。プレゼンの練習も、フルにやろうと思ったら1回やるごとに1時間かかります。数回やったら数時間!

でも5分のプレゼンだったら、発表資料を作るのもそんなに時間がかかりません。プレゼンの練習も、6回やっても30分で済むんですよ!

わたしは名古屋ライフハック研究会のプレゼン資料をギリギリまで作っておらず、当日の朝になって作ったことがあります。多少の慣れはありますが、資料を作って事前に数回練習することもできました。

初めてでも、内容によっては数時間で準備ができると思いますよ。

2. 冒険できる

興味のない話を30分聞けって言われるとちょっとしんどいですが、5分くらいなら聞いてもいいかなって思いませんか?

そう考えると、LTのテーマ選びや内容、プレゼン方法で冒険ができるんですよね。これって、話す側も聞く側もどっちもメリットがあるんです。

例えばテーマ選びなら、話す側は多少マニアックでも自分がものすごく興味のある分野を話すこともできるから資料を作る段階から楽しい。聞く側も自分の知らない世界を知ることができるから勉強にもなるし面白い。

例えば内容なら、話す側は普段あまりできないような多少くだけたノリもできるし、完全にネタとして全力で笑いを取りに行くこともできる。聞く側も、たとえ内容にあんまり中身がなかったとしても楽しめる。

プレゼン方法なら、話す側は今まで使ったことのないプレゼンソフトを使ったり、あるいはホワイトボード、口頭のみでのプレゼンなんかにも挑戦できる。聞く側は、「こんなプレゼン方法があるのか」と勉強になる。

ちなみにわたしが過去に聞いたLTで面白いと思ったのは、「災害時のトイレの話」と「彼女ののろけ話(直前まで何話すか迷った末に行き着いた先がそこだったらしいw)」と「同姓同名飲み会やってみた」という話。(ちなみにこれ全部名古屋ライフハック研究会です!)

テーマが決まってる場合もありますが、完全フリーでなんでもありのLTほど面白いものはありません。

3. 失敗できる

勉強会参加者の目的はあなたのLTを聞くことではありません。こんなこと言うのもなんですが、誰もあなたに期待してません。

だからこそ、失敗してもいいんです。むしろここでどんどん失敗したらいいんです。だって、会社の重要なプレゼンでは失敗できないでしょ?

安心して失敗できる場って、実はすごく重要なんですよ。

ちなみにわたしは以前制限時間をオーバーして、そこであえなく終了したことがあります。アンケートには、「続きが聞きたかった」という言葉が目白押し。事前にちゃんと練習して、時間内に収めることの重要性を学びました。

また、笑いを取りに行こうとしてその当時流行っていたギャグをスライドに盛り込んだのに、当日恥ずかしくなって弱々しく読み上げた結果だだスベりしたこともあります。ギャグを使うなら恥ずかしさを捨てて全力で臨むべきだと学びました。(ただし全力でもスベるときはスベる。)

失敗して思いました。「あ、ここで失敗しといてよかった」って。

4. フィードバックが得られる

勉強会によっては、参加者の方からLTの感想を書いた紙をいただけることがあります。これ、めちゃくちゃありがたいです。勉強会の主催者のみなさんに声を大にして伝えたい。

LTやるなら、ぜひフィードバックもして!!

わたしが昨年の名古屋ライフハック研究会大忘年会でやったLTの感想を晒します。

comment

これ、宝物ですよ。何度も見返してます。

仮にこういったフィードバックがなかったとしても、勉強会終了後に「プレゼン良かったですよ」と声をかけていただけることがあります。

表面上落ち着いたふりをして「ありがとうございます!」と返していますが、めちゃくちゃ嬉しくて内心で小躍りしています。

勉強会に参加してLTはしないっていう人でも、ぜひ面白いと思ったらそのことを一言でいいから発表者の方に伝えてあげてください!

絶対嬉しいはずです。

5分でも人の心は動かせる

5分って、短いです。あっという間です。そう多くのことは伝えられません。

でもね、5分でも人の心って動かせるんですよ。

先ほど感想を晒しましたが、昨年の名古屋ライフハック研究会大忘年会に参加したときにわたしはLTで「スーパーベターになろう!」という本を紹介したんです。

スーパーベター"ズ"になろう!

2015.12.15

そしたらなんと、LTを聞いた参加者の方がその本を買ってくださったんです!

これには感動しました。

また、LTでこころぼっとの話をしたこともありました。

こころぼっと - ちっぽけだけど、大きな大きな心の味方 -

2015.11.28

そのLTをしたのは2014年11月でしたが、半年後、1年後にお会いした方から「以前こころぼっとのLTされてましたよね?応援してます!」と言ってもらえたこともありました。

たった5分のLTのことを、覚えててくれて、しかも声までかけてくださったんですよ?

こんなに嬉しいことはないです!一度でもこんな経験をしたら、もうLTをやめられません。

たった5分、されど5分。5分という時間は、人の心を動かすには十分な時間なのです。

LTやってみたくなったよね!?

どうでしょう、LTやってみたくなりましたか?なったよね?なったって言って!

そんなあなたに朗報です!今月末の1月30日(土)、愛知県の刈谷でLT練習会が開催されます!

参考:失敗OKの5分間プレゼン練習会【1/30(土) 昼 @ 刈谷】【名古屋駅から電車で最短22分】 2016年1月30日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

時間は13:30〜17:00。その後希望者のみの懇親会もあります。

今まで勉強会に参加したことがないって人でも大丈夫。

※ 勉強会に初めて参加される方に、これだけは伝えておきます。勉強会の本番は、懇親会です。都合のつく限り、懇親会に参加することを「全力で」オススメします!

練習会なので、失敗してもOK!聞くだけでもOK!テーマもなんでもOK!(これ面白いやつ!)

しかも発表者には、他の参加者からのフィードバックがもらえます!この記事を読んでくださったあなたなら、それがどんなに魅力的なことかもうおわかりですよね。

さらに、プレゼン時間5分、質疑応答5分想定で計10分時間をもらえますが、全体を10分以内に抑えればプレゼン時間が5分をオーバーしてもOK!Wow!なんて優しいルールなんだ!LTに慣れていない方でも安心です。

この勉強会を企画されたやましょーさんも、絶対面白いLTをやってくださるはず!(とプレッシャーをかけてみるw)

わたしは過去に「ウユニ塩湖」の話と「同姓同名飲み会やってみた」という話を聞きましたが、どちらもとてもめっちゃ面白かったです。特に同姓同名飲み会の話は、爆笑させられっぱなしでした。今思い出しても笑えます(笑)

先日消しゴムはんこで登場した名古屋ライフハック研究会主催のつるはさんとわたしも参加予定ですので、面白い会になること間違いなし!

「もっとうまく話せるようになってから…」「人に話せるネタができてから…」と思っているあなた。逆です。

LTをやるから、もっとうまく話せるようになるんです。LTをやるから、人に話せるネタが見つかるんです。

さあ、あなたも参加ボタンをポチッと押して、人前で話せる自分になろう!

参考:失敗OKの5分間プレゼン練習会【1/30(土) 昼 @ 刈谷】【名古屋駅から電車で最短22分】 2016年1月30日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

スポンサーリンク

imadesyo

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!