わたしがブログを書く2つの理由

みやのプロフィール

スポンサーリンク

昨日、このブログに記念すべき最初の記事を投稿し、公開しました。

本当はサイト部分も含めてもう少し形になってから…と思っていたのですが、ライフエンジンのセミナーに参加したのがきっかけで動き出さずにはいられなくなり、「えいやっ」と勢いで公開しちゃったというのが本音です(笑)

まだまだ立ち上げたばかりではありますが、いままで中途半端に終わってしまっていたブログとは違い、このブログにはわたしなりの想いが詰まっているので、今日はそのお話をしようと思います。

続かなかった過去のブログたち

いままで何度かブログにトライしたことがありますが、まあ続いた試しがありません。思い返せば、そもそもどのブログも始めた理由は「なんとなく」。

「周りにブログやってる人がたくさんいるし、わたし自身それなりに本を読んだり勉強会に行ったりしてるからネタもあるし、やってみるかー」くらいのノリです。冷やし中華始めるくらいの恒例行事。

でもブログを書いてるうちに、やっぱり「なんのために書いてるんだろう」とか「誰のために書いてるんだろう」とか思い始めて、わたしの気持は自然とすぼんでいきました。

悩み行動した末にたどり着いた答え

今年の頭頃に起こったとある出来事をきっかけに、わたしは今年一年近く自分のことで悩みに悩み、迷走しました。とにかく行動して、解決したかも!と思ったらまた悩んで、行動しての繰り返し。

おそらくいままでの人生の中で一番動いて、一番泣いて、一番笑った一年だったと思います。

行動を繰り返す中でわたしの悩みは徐々に解決の方向へ向かっていました。

そして先月末、とある方と対話したのをきっかけに、わたしの頭の中の霧は一気に晴れました。

その方と対話した翌日はアイデアがあふれ出して止まらず、リアルに知恵熱が出てるんじゃないかと感じるくらい頭がオーバーヒート!こんな経験は、生まれて初めてでした。

その瞬間、わたしはブログを書く2つの理由を見つけたのです。

1. 宝物の記録を残したい

一緒にいるだけでワクワクする人、ページをめくる手が止まらなくなる本、踊り出さずにはいられない音楽、あたたかい気持になる映画、ほっと心やすらぐ場所・・・

わたしはこの一年だけでも、素晴らしい人やものにたくさん出会いました。

そしてその出会いから様々なことに気付き、様々なことを感じました。

それらひとつひとつがわたしにとって大切な宝物です。

宝物はいまもわたしの中に確かに存在するけれど、記録としても残しておきたい。

そして、記録を残すと同時に、「世の中にはこんなに素敵な人がいる、こんなに素敵なものがある」ということを、一人でも多くの人に知ってほしい。

そんな想いを胸に、ブログを書くことにしました。

そうだ!宝物を詰め込む場所だから、名前は「みやの宝箱」にしよう!

こうして、ブログ名も自然と決まりました。

これだけでも十分な理由ですが、もうひとつ、大事な理由があります。

2. 自分と同じように悩んでいる人の力になりたい

人に意見が言えない自分が嫌。自分から話しかける勇気のない自分が嫌。何をやっても続かない自分が嫌。流されやすい自分が嫌。夢のない自分が嫌。やりたいことがわからない自分が嫌。

自分にダメ出しばかりして、常に変わりたいと願っている。

今年の前半くらいまでは、リアルにこんな調子でした。病んでますね(笑)

いまはと言うと、もう悩んではいません。変わりたいという気持もなくなりました。いまの自分でいいということに気付けたからです。いまが、最高に幸せです。

こんな風に思えるようになるまでには、本当に本当にいろんなことがありました。

そのことも、少しずつ記事にしていきたいと思っています。

先日、ライフエンジンのセミナー岡野さんがこんなことを仰っていました。

プロよりも、自分に近い人のストーリーを知りたがっている人は多いのです

あとは、その経過をアウトプットし続けるだけ

過程をコンテンツ化できるのは、今だからこそです

うじうじ悩んでいたわたしがどのように行動し、どんな人に出会い、どう変わっていったのか。その過程を残せるのも、今だからこそ。

わたし自身、たくさんの人のブログを読んで救われました。

次は、わたしが誰かの力になりたい。

悩み苦しみながら行動していた自分も、わたしにとっては大切な宝物です。

まとめ

過去になんとなくブログを始めたときはだんだん書くことがなくなって困っていましたが、いまは書きたいことが頭の中にあふれています。何から書こうかと、逆に困ってしまうくらい。

何のために書くか、誰のために書くかがはっきりすると、こうも違うものなんですね。

インプットは十分すぎるほどしてきたので、これからはどんどんアウトプットしていこうと思います。

スポンサーリンク

みやのプロフィール

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!