CATEGORY 楽しく生きる

エッセイ

年齢と尊敬、敬語とタメ口、そして心の距離感

誰かと話しているときに「知り合いにこういう人がいて…」という話をすると、「その人何歳くらいの人?」と聞かれたりすることがあります。で、わたしはこの質問が非常に苦手なのです。というのも、答えられないんですよね。単に知らないというのもあるし、年齢を聞いたとしてもすぐに忘れちゃうから、他人の年齢に興味がないんだと思います。

わたしの生き方

ぱっかーん奮闘記20:そしてわたしは、決断した

会社を辞めても辞めなくても、きっと幸せに生きていける。竜さんとの対話、そして母や上司との対話を通してそう確信したわたしは、最後にもう一度だけ自分がどんな生き方をしたいのか考えてみることにしました。そのとき偶然目にした心屋仁之助さんのブログ記事に衝撃を受けたわたしは、ついに最後の決断をします…。