消しゴムハンコクリエイターへの道 3 : 段々コツがわかってきた!

keshihancreator

スポンサーリンク

この連載について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。(過去記事へのリンクもあります)

さらに新連載「消しゴムハンコクリエイターへの道」はじめます!

2015.12.02

今回のモチーフは名古屋ライフハックのあの人!

100日チャレンジ3日目、今回のモチーフは、前回の予告通り…

ばばーん!

kakobon-san

kakobonさんです!(わー、ぱちぱち。)

kakobonさんとは名古屋ライフハック研究会で出会いました。かれこれ1年半くらいのお付き合いでしょうか?

kakobonさんはアイデアマンで、参加者間で本を漂流させるユニークな読書会「栄早朝会議」や、複数人で人数分のマインドマップを一定時間で区切って「ぐるぐる」と手渡しながら書いていく「ぐるぐるマインドマップ」など、面白い企画をたくさん考案されています。

栄早朝会議の漂流本企画はあまりに魅力的だったため、わたしも自分が主催している勉強会、cotola(ことら)で真似させていただいてます。そのことをkakobonさんにお伝えしたところ、なんと漂流本に押すスタンプをプレゼントしてくださいました!

stamp_cotola

これは嬉しい!!これからもcotolaで大切に使わせてもらいますね!関西方面で漂流本企画にご興味のある方は、ぜひcotolaに遊びにいらしてください。

また、名古屋ライフハック研究会では毎回LT(ライトニングトークス、5分プレゼン)のコーナーがあるのですが、kakobonさんのLTは内容もさることながらプレゼンのやり方やスライドに遊び心も満載でいつも驚かされます。

あとFacebookでわたしがちょろっとネガティブ臭を漂わせた発言をするとそれを敏感に察知してメッセージをくださったりするのですが、それが本当に嬉しくて励みになっています!

kakobonさん、いつもありがとうございます!今週末の名古屋ライフハック研究会の大忘年会も、楽しみにしてますね〜!(忘年会はまだ申し込み受け付け中なので、ご興味のある方はぜひ!絶対楽しいよ!!!)

重要なことを忘れていた

さて100日チャレンジではんこをせっせと彫っているわけですが、はんこそのものについて全く触れていなかったのでそのあたりについても話そうと思います。3回分まとめてどどっといっちゃうよ。

はんこのサイズ

3 cm × 3cm でおさまるように作ってます。

制作時間

はまさん→1時間半

岡野さん→1時間弱

kakobonさん→1時間弱

徐々にスピードアップしてます。

はんこ表面

はまさん

hama-san3

岡野さん

okano-san2

kakobonさん

kakobon-san2

少しずつ安定してきたかな?しろいはんこの方が、表面のでこぼこが目立ちません。

スタンプパッドの色がついてしまってますが、はんこをプレゼントするときはできるだけ綺麗にクリーニングしておきます!

彫り始めると没頭してついつい忘れてしまうのですが、制作途中の写真なんかも今後はご紹介できたらいいな〜と思ってます。

次回予告

ノリハナさんからSUPER BETTERをテーマにはんこを・・・というリクエストをいただきましたので、次回はアイコンではなくオリジナル図案を考えています。

お楽しみに〜!

スポンサーリンク