ここは楽園か!「京都のフクロウの森」体験レポート

owl_eye

スポンサーリンク

わたくしついに、京都で楽園を見つけてしまいました。

阪急河原町駅からすぐの、四条通から新京極通へ入って1分ほどのところに、なんと本物のフクロウとふれあえる「フクロウの森」という施設ができていたのです!

京都のフクロウの森

※「京都のフクロウの森」のFacebookページはこちら

昨年2015年10月7日にオープンしたそう。知らなかった…。

とてつもなくかわいいフクロウたちとふれあいまくってきゃっきゃうふふして癒されてきましたので、その様子を早速レポートします!

アクセス

阪急電車京都線・河原町駅改札を出て四条通地下通路の「出口9 ときわビル口・新京極通り」から新京極商店街を約1分歩いたところにあります。

詳しくは下記ページをご参照ください。

参考:京都のフクロウの森

金賞コロッケというお店の2階にあり、入り口が少し奥まったところにあるので、知らなければ通り過ぎてしまうかもしれません。

わたしが通りがかったときにはたまたまお店の方がフクロウと一緒に客引きをされていたので、気付くことができました。

— 2016年3月24日 追記 —

金賞コロッケというお店はなくなり、現在は京都ひょう猫の森という施設になっています。

子猫にメロメロ!「京都ひょう猫の森」体験レポート

2016.03.23

入場料

大人(中学生以上):600

子供(小学生以下):400円 ※3歳以下無料

ちなみに利用時間は無制限です。(2016年1月11日現在)

いざフクロウの森へ!

金賞コロッケの右脇通路を奥へ進んでいくと、まずフクロウグッズのショップが。

owl1

 

かわいいぬいぐるみたちが出迎えてくれます。

owl2

 

さらに奥へ進むと、フクロウの森への入り口が!

owl3

 

うおー、この時点でテンション上がる!飛んでるフクロウの案内板もかっこいい!

owl4

 

階段で2階へ上がってみましょう。

owl5-1

中は予想以上に森だった

中に入るとそこは小さな森でした。予想以上の森感。

owl5-2

木の枝でフクロウたちが1羽ずつちょこんと待ち構えてくれています。

かわいこちゃんたち紹介します!

さぁ、では早速わたしがふれあったかわいこちゃんたちを順番にご紹介しましょう!

アフリカワシミミズクのウォルト

owl5

 

入り口に入ってすぐのところでわたしたちを待ち構えてくれている、アフリカワシミミズクのウォルト。

owl6

 

フクロウを触るときは、頭の後ろを手の甲で優しく撫でてあげます。きゃー、もふもふ!

owl7

ナンベイヒナフクロウのキウイ

owl8

 

キウイは目が超くりくり!かわいい!かわいい!!

owl9

アフリカオオコノハズクのマリオ

owl10

案内板の写真が超かわいい。

 

実物も超かわいいんですけど、写真撮ったら因縁つけてきたヤンキー感が半端ない!もうちょっと上向いて、マリオ!

owl11

 

おとなしくてなでなでさせてくれるんですけど、やっぱり顔がこわい!マリオ、目が死んでるよ!(笑)

owl12

 

四苦八苦した末にようやくまともな写真が撮れました。

owl13

 

そしたらなんかGoogleフォトさんがいい感じに加工してくれたのでついでに置いときますね!

owl14

シベリアワシミミズクのホワイト

owl15

 

案内板の写真はややこわい顔してますけど、実物のホワイトは超かわいい!

owl16-2

 

きゃー!そんな顔で見つめられたら、惚れてまうやろ!

owl16

アカアシモリフクロウのもみじ

owl17

 

先ほどのホワイトと同様に案内板の写真は凛々しい顔をしていますが、実物は穏やかで超かわいい!

owl18

 

なでなでしちゃうよ〜。

owl19

クロメンフクロウの弁慶

owl20

なぜ弁慶と名付けたのか気になる。

弁慶のつぶらな瞳を見たかったのですが、眠かったのかずっと目を閉じていました。

 

でもその分触り放題でしたよ!うりゃー!

owl21

アナホリフクロウのホーリー

owl22

 

小柄でかわいいホーリー。ちょっと凛々しげ!

owl23

メンフクロウの義経

owl24

弁慶といい義経といい、このネーミングは一体…(笑)

義経は触ろうとするとくいっとこちらを向いてきます。係のお兄さん曰く、こちらの動きを目で追ってくるフクロウは警戒していて触られたくないのだと教えてもらいました。

ちょっと間をあけたら触らせてくれましたけどね。

 

写真を撮ったら照明との兼ね合いでなんか神々しくなった。

owl25

メンフクロウのイッちゃん

owl26

 

なんか急に愛称感強まったなと思いつつご対面すると、イッちゃんもおねむだったのか目を閉じてうなだれている。

owl27

 

その隙にいっぱい触らせてもらいました!もっふもふやで!

owl28

アビシニアンワシミミズクのアービー

owl29

 

アービーはちょっぴりご機嫌ナナメで、係のお兄さんに少し噛みついていました。

owl30 owl31

 

でもちょっと待ったらちゃんと触らせてくれましたよ。

owl32

 

ちなみにフクロウの目の前で手をぐるぐる回すと、フクロウもその手の動きを目で追ってぐるぐる動きます。

それが超絶かわいいんですけど、実演してくれた係のお兄さん曰く後でフクロウに怒られるとか。やりすぎには気をつけましょう。

水族館のペンギンなんかにもこのテクニックが使えるそうなので、今度試してみたいと思います。

シロフクロウのヘドウィグ

owl33

ハリーポッターの映画に出てくるフクロウと同じ種類のフクロウです。

名前もヘドウィグですが、映画に出てきたヘドウィグと同じ名前にしているだけで本物ではないそうです。ややこしいな。

owl34

 

触らせてもらおうかなと様子を伺っていたところ、すぐにこちらを見て、

owl35

 

シャー!と威嚇されました。

owl36

無理やわ。これは無理。

ということで今回はなでなでするのは諦めました。

ご機嫌ナナメだったかな。。

ヨーロッパコノハズクのかえで

owl37

案内板の写真がなんともかわいらしいかえで。

実物を一目見たかったのですが、ケガをして現在療養中だそうです。

近々復帰予定らしいので、リベンジしますよ!!

フクロウだけじゃない!リスもいるよ

risu1

フクロウの森にはアメリカアカリスもいて、100円でエサやりもできるようです。(今回はエサやりせず。)

risu2

I’ll be back.

帰ろうとしたら、目の前にめちゃくちゃかわいいフクロウの写真が。

owl38

こんなかわいこちゃんに言われたら、また来るしかないじゃないか!

 

というわけで、ポイントカード作ってもらいました。

owl40

 

スタンプもかわいいね。15個たまったらオリジナル商品(非売品)がもらえるそうです。フクロウの写真集とかくれないかな…。

owl41

あと14回通わねばならなくなりましたので、京都のフクロウの森に行きたい方はぜひわたしにお声がけください。

 

ちなみに外にも1羽フクロウがいましたが、遠くてあまりよく見えませんでした。

owl39

最初は置物かと思いましたが、よく見ると本物。地味すぎて知らないと気付かずに通り過ぎちゃうよ…。もったいない。

まとめ

フクロウの森は、フクロウ好きにはたまらない空間でした。フクロウと触れ合ってもふもふしたい方は、ぜひ足を運んでみてください!

ちなみにフクロウの森は京都の他に湯布院、倉敷、鎌倉、長崎ハウステンボスにも店舗があるようです。

参考:フクロウの森

参考:湯布院フクロウの森

参考:倉敷フクロウの森

参考:鎌倉乃フクロウの森

参考:ハウステンボスフクロウの森

目指せ全店舗制覇!

こちらの記事もいかがですか?

楽園再び!「京都のフクロウの森」に新入り現る!

2016.03.24

子猫にメロメロ!「京都ひょう猫の森」体験レポート

2016.03.23

スポンサーリンク

owl_eye

「面白い」「参考になる」と感じたら、ぜひシェアしてください!