「楽しい」は、時に理屈を超える

tanoshii

スポンサーリンク

tanoshii早起き、ダイエット、日記、英語学習、ブログ更新…

習慣化したいことは数あれど、どれも続かない。

あなたはそんなことありませんか?

わたしはそれはもう、数え切れないほどそんな経験をしてきました。

習慣化するにはどうしたらいい?

習慣化というのは多くの人にとって永遠の課題であり、習慣化について語られた本も数多く出版されています。

例えば習慣化コンサルタントとして有名な古川武士さんの「30日で人生を変える 『続ける』習慣」という本は、何かを習慣化するために必要な知識がぎゅっと詰まった一冊です。

その中でも特に以下のふたつは、習慣化を始める上で当たり前とも言える大原則ではないかと思います。

1. ベビーステップで始める

ベビーステップとは、「赤ちゃんの一歩」という意味で、簡単に言うと「小さく始めましょう」ということです。

岩瀬晃さんの英会話セミナーで聞いた話によると、人間には同一性(今のままでいいという考え)と一貫性(過去そうだったから、今後もそうという考え)が本能的に備わっているそうです。

言ってしまえば、人間は現状維持が基本ということですね。

何か新しいことを始めるというのは、そもそも自分の本能に逆らう行為。だからこそ、一気に大きく始めるのではなく小さく小さく始めるのです。

2. ひとつの習慣に絞る

失敗する第一の原因は、欲張って2つ以上の習慣を、同時に定着させようとすることです。

習慣化を始める前はそれが習慣になった自分の理想の姿を追い求め、「早起きして英語学習して夜は日記付けて…」みたいについつい一気に変わろうとしてしまいがちですが、あれもこれもと欲張ってはダメ。

まさしく、「二兎を追う者は一兎をも得ず」です。

わたしの場合はどうか?

わたしは昨年の11月末から、4時半に起きてブログを毎日更新するという生活を続けています。

もう1ヶ月以上続いているので、習慣化できたと言っても良いでしょう。

しかしわたしが4時半起き&ブログ更新を習慣づけた方法というのは、先ほど挙げた習慣化の大原則とは大きくかけ離れたものでした。

6時起きから一気に4時半起きへシフトした

もはやベビーステップもへったくれもありません(笑)

以前は5時起きなどもしていたわたしですが、だんだん早起きが億劫になり2度寝3度寝を繰り返すようになっていました。7時起きなんてこともしばしば。

普通に考えれば、まずは普段の起床時間を徐々に(例えば30分ずつ)前へシフトさせていくのが早起きを習慣化させる王道と言えるでしょう。

しかしわたしはそんな原則をガン無視。一気に4時半起きへ生活をシフトさせました。

早起き+ブログ毎日更新を同時に始めた

さらに欲張りなわたしは、「毎日4時半に起きて、ブログを更新しよう!」と一気にふたつのことを習慣化することに決めました。

三日坊主を続けていたわたしでもよくわかる、典型的な挫折するパターンってやつです。

なぜ続いた?

習慣化の大原則を何ひとつ守れていなかったわたし。その分努力して習慣化を続けたのかというと、そんなことは一切ありません。

そう、全く頑張ってないんです。

でも続いた。

 

「なぜだろう?」と考えたとき、その答えはひとつでした。

 

楽しかったから。

 

本当に、それしかないんです。

「楽しい」は理屈を超える

ブログを書くのが、楽しい。

朝起きたらブログが書けるから、早起きするのも楽しい。

たったこれだけの理由で、なんの努力もすることなくこの生活が続いているのです。

唯一わたしがやったことと言えば、自分の気持ちに耳を傾け、今の自分が本当にやりたいと思っていることをやった

ただそれだけです。

でもそれが習慣化の理屈を超えたところで、わたしの習慣化の原動力となっているのです。

まとめ

わたしは究極の面倒臭がりであり、特技は三日坊主です。

そんなわたしを突き動かしたのは、習慣化を容易にするための知識ではなく、わたしの中にあった「楽しい」という気持ちでした。

だから「習慣化したいことがあるけどどうしても続かない!」という人にはぜひ考えてみて欲しいんです。

「これって本当にわたしがやりたいことなの?」って。

スポンサーリンク