CATEGORY 書評

書評

【書評】私とは何か ー「個人」から「分人」へ〜喉に引っかかった小骨が取れたスッキリ感を得た〜

先日、「私とは何か――「個人」から「分人」へ」という本を読みました。本を読み終えて感じたのが、今このタイミングで読めてよかったなということ。まだ咀嚼中な部分もあってうまく説明できないのですが、喉に引っかかっていた魚の小骨がポロポロっと取れてスッキリした感じなのです。というわけで、今回はそんな話をつらつらと。

書評

【書評】ヤフーの1on1(ワンオンワン)〜「これからの作戦会議」をしよう〜

会社で後輩の指導を任されることになり、何か参考になる本はないかな〜と探していたところ出会ったのがこの本。部下の育成や教育に関する本は他にもたくさんあったのですが不思議とこの本に惹かれ、実際に読んでみて参考になる点が多々あったのでここでもご紹介したいと思います。

書評

【書評】このあと どうしちゃおう〜死んだらどうなりたい?〜

「りんごかもしれない」「ぼくのニセモノをつくるには」などの絵本で知られるヨシタケシンスケさんの新作絵本、「このあと どうしちゃおう」。ニュースサイト「ダ・ヴィンチニュース」で紹介されていて気になり購入したのですが、子どもはもちろん大人も楽しめるとても良い絵本だったのでここでも紹介したいと思います。

書評

【書評】図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける

ごめんなさい。わたし、図書館のこと完全にナメてました…。奥野宣之さんの著書、「図書館『超』活用術」を読むと、そう思わずにはいられません。この本には「こうやって図書館を使えばよかったのか!」と目からウロコが落ちるポイントが多々あります。今回はその中でも特に印象に残ったポイントを3つ、ご紹介します。